当院の基本となる著書

書名 / 著者
出版社
内容

血液と健康の知恵

千島喜久男

地湧社
1. 血液(赤血球)は身体の組織に変化する。(赤血球分化説)
2. 赤血球は骨髄で造られるのではなく、消化された食べ物が腸の絨毛で変化したものである。血液は食べ物からできる。(腸管造血説・赤血球起源説)
3. 栄養不足の時や、大量出血のあと、また病気などのときには、身体の組織から血球に逆戻りというかたちが見られる。血液は骨髄から造られるという定説は、これを見誤ったもの。(赤血球と組織の可逆分化説)
4. ガン細胞は赤血球が変化してできる。からだが病気の状態のとき、悪化した赤血球が集まり解け合ってガン細胞に変わっていく。また炎症も、赤血球がからだのその部分に集まって変化して生じたものである。肉腫や他の腫瘍も同じである。(ガン細胞の血球由来説・炎症その他病的組織の血球由来説)
5. 負傷が治ってゆく現象も、その部分に赤血球が集まって、からだに再生と修復をするからである。(創傷治癒と再生組織と血球分化説)
6. バクテリアは親がいなくとも、有機物の腐敗、その他の状態でその有機物を母体として自然に発生する。(バクテリア自然発生説)
7. 毛細血管の先端は開いていて、赤血球はそこから組織のすき間へ自由にでることができる。(毛細血管の開放説)
8. からだの組織(細胞)は分裂によってのみ大きくなるというのは正しくない。細胞は細胞でないもの(赤血球)から新しく生まれ、からだは大きくなり、またその大きさを保つ。(細胞新生説)
9. バクテリアから人間にいたるまですべての生物は、「親和力または愛」という精神的なものをもつ。
10. 生殖細胞(精子・卵子)は、からだの組織と別のものでなく、からだの組織の一つである赤血球が変化したものである。(生殖細胞の体細胞由来説)
11. 生物が生まれてから一生の間に、その環境によってはぐくまれたかたちや性質は、子に遺伝する。(獲得性遺伝の肯定説)
12. 生物が進化してきたもっとも大切な要因は、環境に適合した強いものが生き残ったのではなく、同じ種類の生物の助け合い、または違った生物との助け合いという、共生現象によるものである。(進化要因における共生説)
13. 生命は時々刻々として変化してやまない。その変化の働きは、生命や自然がその本質にゆがみをもっているからである。(生命弁証法・科学的方法論)

よみがえる千島学説

忰山紀一

なずなワールド
この内容を信じるには、相当の常識転換が必要。私費出版のため、下記に連絡して購入。
なずなワールドTel. 0974-32-7111 Fax 0974-32-2200

自然医学の基礎

森下敬一

美土里書房
千島喜久男博士と共同研究も行なった東京歯科大学生理学教授森下敬一博士の研究の集大成

 原子転換というヒント21世紀の地球再生革命

久司道夫

三五館
ケルブランの原子転換説は、現代科学では全く認めていない。しかし、この世界を構成している分子は、多様な変化をしながら存在しているわけで、窒素分子が一酸化炭素になることもありえるのだ。一読を勧める。この学説が、現在の難問である放射能汚染の解決の一助になることを期待する。

腰痛は怒りである

長谷川淳史

春秋社
腰痛など筋骨格疾患の多くは、自律神経のアンバランスが原因として重大な要素を占める。このことが理解できると現在行なわれている数多くの整形外科的加療を見直すことができる。腰痛にもっとも必要な要素はカウンセリングである。著者は日本各地でセミナーを開いてこの学説の啓蒙を行なっている。

未来免疫学

安保徹

インターメディカル
感情と自律神経は当然関係あり。さらに自律神経と免疫もリンパ球や顆粒球を介して関係あり。すなわちリンパ球はアセチルコリンレセプターを持ち、副交感刺激で活性化する。顆粒球はアドレナリンレセプターを持ち、交感刺激で活性化する。また気圧とも関係あり、高気圧は交感神経を低気圧は副交感を刺激する。

世界を変える七つの実験

ルパート・シェルドレークRupert Sheldrake

工作舎
彼の提唱する「形態の共鳴」「形態形成場」について解説。
本書はイギリス、ドイツでベストセラーとなり、英国社会創造研究所のベストブック賞を受賞。形成的因果作用の仮説
Hypothesis of formative causation
生命機械論に対する新しい理論。
しかし、H・S・バーの電気力学的「生命場」理論とは明らかに異なる。

ガンがゆっくり消えてゆく

中山武

草思社
NPO法人いずみの会会長だった。ガン患者の互助会を20年率いてくださった。本来、ガンは治る病気です。

かたよらない生き方 病気にならない免疫生活のススメ

安保徹

海竜社
ご存知新潟大の安保先生の著作。ガン患者にはミトコンドリアが少ないことは、50年前のオットー・ワールブルグも指摘していた。ミトコンドリアの活性化がガン予防につながる。

医心方について

『 医師は治療に臨んで精神を統一し、欲得を捨て、慈悲の請願をたて、魂あるものすべての病苦を除くことを心がけよ。
救いを求める者に対しては、その身分の貴賎や貧富、年齢を問わず、怨敵であろうと親しい者、善人であろうと、また田舎者と都会人、智慧と愚者などあらゆる差別を捨て去り、すべての人に親心で臨むべきである。
右顧左眄せず、前後を見ず、日や方位、吉凶にとらわれたり、わが身を惜しんではならない。
患者の苦しみをわがことのように思いやり、僻地であろうと、昼夜、寒暑、飢渇、疲労もものともせずただ一心に救いに赴くべきである。
患者を往診したときは、どんなすばらしい邸宅でもキョロキョロしてはならない。どんなにおいしい御馳走や音楽でもてなしてくれても、楽しむのは恥ずべきである。
多語、談笑、けんかをせず、道を説いたり、是非を論じたり、名声を望んだり、他の医師をそしったり、自慢してはならない。
自分を天下無双と思うのは、医師の膏肓(命取り)である。』

これは、日本最古の医学書「医心方」の冒頭の言葉です。
医者として本当に身に詰まされる内容ですね。
医心方とは、丹波康頼が著わし、隋・唐時代以前の二百以上の文献から病気の養生、医師の心得など抜き出し、症例別に編集した日本最古の医学書です。
著されてから約千年後の現在、槇佐知子さんの手によって、解り易い現代語訳となって全訳精解が筑摩書房から出版されています。

「医戒」

「医戒」というのは、ドイツのフッフェランドという方の書いた、医師の心得です

緒方洪庵が訳しました。

1から12まであります。

不思議なことに、医心方の冒頭とよく似ているのです。

扶氏医戒乃略 

緒方洪庵訳 Chrstoph Wilhelm Hufeland(1762-1836) 著

1.  人のために生活して、自分のために生活しないことが医業の本当の姿である。安楽に生活することを思わず、また名声や利益を顧みることなく、ただ自分を捨てて人を救うことのみを願うべきであろう。人の生命を保ち、疾病を回復させ、苦痛を和らげる以外の何ものでもない。

2. 患者を診るときはただ患者を診るのであって、決して身分や金持、貧乏を診るのであってはならない。貧しい患者の感涙と高価な金品とは比較できないだろう。医師として深くこのことを考えるべきである。

3.  治療を行うにあたっては、患者が対象であり、決して道具であってはならないし、自己流にこだわることなく、また、患者を実験台にすることなく、常に謙虚に観察し、かつ細心の注意をもって治療をおこなわねばならない。

4.  医学を勉強することは当然であるが、自分の言行にも注意して、患者に信頼されるようでなければならない。時流におもね、詭弁や珍奇な説を唱えて、世間に名を売るような行いは、医師として最も恥ずかしいことである。

5.  毎日、夜は昼間に診た病態について考察し、詳細に記録することを日課とすべきである。これらをまとめて一つの本を作れば、自分のみならず、病人にとっても大変有益となろう。

6.  患者を大ざっぱな診察で数多く診るよりも、心をこめて、細密に診ることの方が大事である。しかし、自尊心が強く、しばしば診察することを拒むようでは最悪な医者と言わざるをえない。

7.  不治の病気であっても、その病苦を和らげ、その生命を保つようにすることは医師の務めである。それを放置して、顧みないことは人道に反する。たとえ救うことができなくても、患者を慰めることを仁術という。片時たりともその生命を延ばすことに務め、決して死を言ってはならないし、言葉遣い、行動によって悟らせないように気をつかうべきである。

8.   医療費はできるだけ少なくすることに注意するべきである。たとえ命を救いえても生活費に困るようでは、患者のためにならない。特に貧しい人のためには、とくにこのことを考慮しなければならない。

9.   世間のすべての人から好意をもってみられるよう心がける必要がある。たとえ学術が優れ、言行も厳格であっても、衆人の信用を得なければ何にもならない。ことに医者は、人の全生命をあずかり、個人の秘密さえも聞き、また最も恥ずかしいことなどを聞かねばならないことがある。したがって、医師たるものは篤実温厚を旨として多言せず、むしろ沈黙を守るようにしなければならない。賭けごと、大酒、好色、利益に欲深いというようなことは言語道断である。

10.   同業のものに対しては常に誉めるべきであり、たとえ、それができないようなときでも、外交辞令に努めるべきである。決して他の医師を批判してはならない。人の短所を言うのは聖人君子のすべきことではない。他人の過ちをあげることは小人のすることであり、一つの過ちをあげて批判することは自分自身の人格を損なうことになろう。

医術にはそれぞれの医師のやり方や、自分で得られた独特の方法もあろう。みだりにこれらを批判することはよくない。とくに経験の多い医師からは教示を受けるべきである。

前にかかった医師の医療について尋ねられたときは、努めてその医療の良かったところを取り上げるべきである。その治療法を続けるかどうかについては、現在症状がないときは辞退した方がよい。

11.    治療について相談するときは、あまり多くの人としてはいけない。多くても三人以内の方が良い。とくにその人選が重要である。ひたすら患者の安全を第一として患者を無視して言い争うことはよくない。

12.    患者が先の主治医をすてて受診を求めてきたときは、先の医師に話し、了解を受けなければ診察してはいけない。しかし、その患者の治療が誤っていることがわかれば、それを放置することも、また医道に反することである。とくに、危険な病状であれば迷ってはいけない。

安政丁巳春正月   公裁誌  馬場茂明 「聴診器」より

 

バイエルブックレットシリーズ 37 人間志賀潔を語る 兵庫県成人病センター 馬場茂明          大阪市立大学付属病院院長 森井浩世

交通事故について

毎日のように痛ましい交通事故の報道に触れながら、ややもするとなんとも思わなくなっている現実があります。しかし実際の関係者にとっては、とても過酷なことなのです。
数年前まで市民病院の外科部長をしていましたので、交通事故の救急患者も多数診察していましたし、事故に伴ういろいろなトラブルも見てきました。
医師として病気を治すばかりではなく、病気や怪我を少なくするためできる限りのことをしたいと思うのは当然です。そこでどうしてこんなに事故が絶えないのか考えてみたいと存じます。

◎もっと公共交通機関を

今の日本の交通事情は、あまりに道路依存ではないでしょうか。今の公共交通機関は、高額で、本数が少なく、また廃線や縮小の憂き目にあっています。都心はともかく、郊外では公共交通機関が非常に未発達で、自家用車なしではとても生活ができません。
その理由の一つが、交通機関の経営が、運賃収入しかないということです。この運賃だけで線路まで引かなければならないのです。これでは赤字に陥ることは目に見えています。
一方で道路は国道、県道など公共の道路であり、税金で整備をしています。自動車はどんどん安価になり、そこからのガソリン税や車両税もすべて道路関係の予算に回ります。こんな税制では、いつまで経っても公共交通機関にお金は入りません。
欧州の一部では、税金で公共交通機関を支え、縦横無尽に電車、路面電車、地下鉄などが走っています。 ヨーロッパの環境と交通に詳しい名古屋大学の柳下教授のお話を伺ってとても驚き、またあこがれました。

◎郊外店の氾濫

駅前の商店街がどんどん寂れていく一方で、留まることをしらない大型郊外店の建設ラッシュ。そこ大きな駐車場を抱え、車なしでは行けません。
交通弱者といわれる、学生や高齢者、車を持たない低所得者や身体障害の方々は、ますます不便になっています。

◎安易な宅配サービス

こうした中、交通量はどんどん増しています。チェーン店化した多くの店舗は、在庫を極力減らし、毎日数回の商品供給を受けますから、トラックは町中を走り回ります。
今は工場さえもストックを置かない方針だそうで、輸送が大切な要素になっています。
また、郵政の民営化に向けて、宅配企業が軒並み増加。インターネットやマスコミを通じて、自宅にいながら買い物ができます。こんな現状を、便利快適な社会と呼んで、喜んでいていいのでしょうか。
また運輸に従事する方々も、過酷なスケジュールに追われ、危険と隣りあわせなのです。

◎もっと個人商店を

こうして顔の見えない買い物が増えていって、昔ながらの個人商店での消費がどんどん減っていきます。お買い物は、やはりお得意様になり、ひいきになったりして商品知識豊富な商店から買うことが、一番ではないでしょうか。その努力をしておれば個人商店にも必ずお客は帰ってきます。商店街の復活も可能と考えます。
お得意様になっておれば、災害時にもいろいろ便宜が可能です。大型スーパーや、ネット販売では、融通がきくとは思えません。

◎理想の町創り

近くにお米屋、豆腐屋、八百屋、床屋、靴屋、表具屋、家具屋、畳屋、着物屋、文房具屋、本屋、時計屋、お寺、神社、医者、などなどが集まってこそ、住宅街、過ごし良い町といえます。
住民が職業を分かち合い、助け合ってこそ、一つの町や村ができるのです。ただ住むだけのニュータウンでは、快適な町とはいえないのです。
かつては日本のどこにでもあった町であり、まだまだ残ってはいますが、次々と減っていることは確かです。
近い将来、商店街がまた復活し、市街に電車・バスが絶え間なく動いていて、町のあちこちに広場や音楽を聴く場があり、夜遅くまで歌ったり飲んだり踊ったりできる小さな単位の町ができたら。
街角では将棋やマージャンをする人々、歌い踊る若者。
携帯やインターネットだけが人のつながりではないでしょう。直接に人々が触れ合ってこそ、あるべき町の姿でしょう。

◎進歩とは何か

IT化や利便を追求した社会が理想社会であるかの幻想がありますが、これらは人々のつながりを隔絶し、弱者は家庭にこもりっきりなっていく。さらに貧富の差を助長し、交通事故を増やし、猜疑心に拍車をかけ、犯罪社会になるといっては言い過ぎでしょうか。

皆様のご意見を伺いたいと存じます。

   岡田恒良

最近読んだ本から

書名 / 著者
出版社
内容
感想

消された覇王伝承が語るスサノオとニギハヤヒ

小椋 一葉

河出書房新社
出雲に残る数々のスサノオ社、これらからスサノオは、非常に尊敬された実在した偉人の一人ではなかったのか!その推理は、読み進むに従って、次第に信憑性が増してくる。
スサノオの子、ニギハヤヒ(天照国照彦天火明櫛玉饒速日命)が、最初の奈良の大王であり、大阪交野市に天の磐船神社があるように、大阪湾→枚方市→天野川から奈良の町に来たという。
そのため、三輪山に祭られている、大物主命は、実はニギハヤヒであるという。

そのニギハヤヒが、本名のごとく、本来の天照であったらしいのだ。

そして尾張の真澄田神社は、そのニギハヤヒ(天火明命)が御祭神である。

尾張に限らず、全国にスサノオ、ニギハヤヒの神社があるのは、そういうわけだった。

小椋一葉(おぐらかずは)さんの、地道な調査には本当に頭が下がる。神社の名、祭神の名、祀られた理由などを調べて行くうちに、スサノオのニギハヤヒも実在の人物であると断定するに至ったとある。これは非常に納得できる。とにかく、日本の本当の創始者、スサノオ、ニギハヤヒのことが、物部氏の衰退と同時に、これまで覆い隠されてきたことは、本当に由々しきことだと実感している。

文庫で出ているので、とにかく本書を読んでいただきたい。

続編の「箸墓の歌」もすばらしい。

神社は、過去の偉大な人物を敬い、偉業を称え、さらにはあやかりたいとして参る場所である。

今のように、ご利益追求で行く場所ではないのだ。しかもどなたが祀られているかも知らず、どんな方かも知らずに。

クラウド・アトラス

デイビッド・ミッチェルDavid Mitchell

河出書房新社
昨年映画化になった話題の本。太古から遠未来までの6つの時代を通じ、勇気ある行動をとる人物が世界を変えていく。それぞれ時空を超えた見えない力が大きな影響を及ぼしている。わくわくする内容。
カテゴリー: